本場結城紬織元・購入 国定重要無形文化財 ユネスコ無形文化遺産 紬製品[着物・帯・ショールなど]の購入

本場結城紬織元・購入 猪瀬織物
本場結城紬とは 本場結城紬商品の販売(反物) 結城紬商品の販売(反物) 結城紬商品の販売(小物) 会社案内 お問い合わせ

本場結城紬は全工程が手作業です。
糸紡(つむ)ぎ、絣括(くく)り、いざり機(はた)による機織りの3工程は、 重要無形文化財に指定されています。
その際、定められた要件は以下の3つ。
(※重要無形文化財保持団体認定書より抜粋)

○使用する糸はすべて真綿より手つむぎしたものとし
  強撚糸を使用しないこと
○絣模様を付ける場合は手くびりによること
○地機で織ること

さらに、2010年11月にユネスコ無形文化遺産に登録されました。


本場結城紬の製作工程
1. 繭から真綿をつくり、袋状にする 13. 緯絣糸くびり上がり
2. 糸取り(糸つむぎ) 14. たたき染め (しばり終った絣糸を染める)
3. ボッチあげ(糸を管に巻き取る) 15. 絣ほぐし(しばった部分をほどいていく)
4. 綛揚げ(管に取った糸を綛揚機で綛にする) 16. 緯絣糸たぐり小割り
5. 糸煮込み(以後の作業をやり易くするため) 17. 経絣小割り
6. 図案の作成 18. 地糸本糊付け
7. 染色(地色を染める) 19. 経絣柄合わせ
8. 下糊付け(補強のため) 20. 間差し込み(地糸へ絣糸を差し込んでいく)
9. 地糸管巻き(はたのべ) 21. 筬通し(経糸を筬に通す)
10. 経絣糸を枠に巻き付ける 22. 機巻き(経糸を男巻に巻き付ける)
11. 絣模様を作る部分へ墨付けを行う 23. かけ糸掛け
12. 絣くびり (絣くくり、絣しばりとも言っており、
墨付けの終った糸を綿糸で括る)
24. 機織り

Copyright(C) 2011 本場結城紬_猪瀬織物 All Rights Reserved